建物紹介 東京都千代田区 
09.09.01
・赤坂プリンスホテル新館 (001)
住 所 : 東京都千代田区紀尾井町1
用 途 : ホテル
規 模 : 地上39階地下2階
設 計 : 【建築】丹下健三・都市・建築設計研究所
【構造】鹿島建設(株)建築設計本部
施 工 : 大成建設
工 期 : 1980年3月〜1982年12月
備 考 :  設計当初は、全面ミラーガラスで計画されていた。前にある首都高を走るドライバーの目がくらむとの反対の声があがり、ハーフミラーとアルミパネルを交互に用いた建物になった。屋根に三角形がいくつか飛び出した低層部分が大宴会場のクリスタルパレス。エントランスロビーは床も壁も柱もすべて真っ白な大理石貼りである

・インペリアルタワー (014)
住 所 : 東京都千代田区内幸町1-1-1
用 途 : ホテル
規 模 : 地上31階、地下4階、129.1m
設 計 : 【建築】(株)山下設計
【構造】(株)山下設計
施 工 :
工 期 : 1979年12月〜1983年1月
備 考 : 写真、 赤茶色のタイル張りで、垂直線が強調された窓が並ぶ31階建て。

・霞が関ビル(三井霞が関ビル) (003)
住 所 : 東京都千代田区霞が関3-4
用 途 : 事務所
規 模 : 地上36階、地下2階、147m
設 計 : 【建築】三井不動産(株)、(株)山下設計
【構造】三井不動産(株)、(株)山下設計、鹿島建設
施 工 :
工 期 : 1965年3月〜1968年4月
備 考 :  日本で最初の超高層ビル。地震の多い日本では、長く建物の高さ制限があり、超高層ビルは実現しなかった。1961年に特定街区の制度が制定され、市街地の整備改善のために高層化する必要が認められる場合に限り、特別に建設が許可されるようになった。容積率は900%。霞ヶ関ビルに関しては、学生のときを思い出します。研究テーマが超高層についてだったので。

・花鳥風月館 (123)
住 所 : 東京都千代田区一番町
用 途 :
規 模 : 敷地面積178.995m2 建築面積130.32m2 延床面積429.38m2
地下1階、地上5階、塔屋1階
設 計 : 【意匠】アデーレ・ナウデ・サントス、デビッド・エバン・グラッサ
    エス・ディ・シー
【構造】TIS&PARTNERS
【設備】総合設備コンサルタント
施 工 : 竹中工務店東京本店
工 期 : 1987年4月〜1988年11月
備 考 : 建築文化1989.02

・警視庁本部庁舎 (004)
住 所 : 東京都千代田区霞が関2-1-1
用 途 : 警視庁
規 模 : 地上18階、地下4階、軒高74.30m、最高高123.85m
設 計 : 【建築】(株)岡田新一設計事務所
【構造】(株)岡田新一設計事務所、振動解析:(株)武藤構造力学研究所
施 工 :
工 期 : 1977年6月〜1980年6月
備 考 :  皇居、桜田門に正面を向けて建つ、黒く、垂直線が強調された正面入口。道路が二方向に広がる角地にあるため、内部は正面入口を頂点にV字形に廊下が伸び、街路に面した左右両壁面は白いタイル貼り。和風の梁をデザインしてアクセントとしている。最高裁判所や国会議事堂に高さをあわせた18階建。屋上の輪がついた塔が、どこらでもよく目立つ。

・コイズミライティングシアター/イズム (0312)
住 所 : 東京都千代田区神田
用 途 : オフィス、ショールーム
規 模 : 敷地面積793.07m2 建築面積468.28m2 述床面積4,338.03m2
地下2階地上9階
設 計 : 【意匠】北山孝二郎+K計画事務所
【構造】アスコラル構造研究所
施 工 : 大成建設
工 期 : 1988年12月〜1990年7月
備 考 : 写真1 写真2 建築文化1990.09

・第一勧業銀行本店 (006)
住 所 : 東京都千代田区内幸町1-1-5
用 途 : 事務所
規 模 : 地上32階、地下4階、140m
設 計 : 【建築】芦原建築設計事務所
【構造】織本匠構造設計研究所
施 工 :
工 期 : 1977年2月〜1980年9月
備 考 :  外壁両サイドの花崗岩パネルのグレーと、ガラスのカーテンウォールが対照的。東西両面の花崗岩パネルには、低層部から最上階まで1階ごとに段上の凹凸が並ぶ。

・東京YMCA会館 (0275)
住 所 : 東京都千代田区神田駿河台1-8
用 途 : 集会室、チャペル、会議室、専門学校、オフィス
規 模 : 敷地面積1,856.42m2 建築面積1,633.61m2 述床面積10,003.95m2
地下2階地上8階塔屋1階
設 計 : 【建築】香山アトリエ環境造形研究所
【構造】MUSA研究所
【設備】ユニ設備設計
施 工 : 鹿島建設・間組・三井建設共同企業体
工 期 : 1988年5月〜1990年2月
備 考 : 写真 建築文化1990.06

・日本興業銀行 (065)
住 所 : 東京都千代田区丸の内1-3-3
用 途 : 銀行
規 模 : 地下5階 地上15階
設 計 : 村野・森建築事務所
施 工 : 大林組
工 期 : 1971年11月〜1974年1月
備 考 :  興銀は1902年、産業界が必要とする長期資金を供給する目的で設立された。現在もその流れを汲み、電力や鉄鋼などの基幹産業に得意先が多い。丸の内界隈でも目立って豪華、庶民にはちょっと近寄りがたい雰囲気を漂わす。ピカピカに磨かれた赤い花崗岩の大壁面と、15階分いっきに立ち上がる太い柱の列が力強い。このビルは敷地の北端に作られた池から眺めるのがベスト。そこから見上げると、壁面下部が池にかぶさる形で大きくくりぬかれている。うずを巻いてざわめいている水面を二つに分け、巨大な船体がへさきをこちらに向け、大迫力でせまってくるように見える。日本の産業界をひっぱっていこうとの意気込みのあらわれだろうか。
写真

・プルデンシャルタワー (317)
住 所 : 東京都千代田区永田町2-29-3
用 途 : 事務所、共同住宅、店舗
規 模 : 敷地面積8,156u 建築面積3,478u 延床面積7,6584u
地下3階地上38階
設 計 : 大成建設
施 工 : 大成建設
工 期 : 1999年6月〜2002年11月
備 考 : 写真、日経アーキテクチュアー2003.1.6

・ホテルニューオータニ (016)
住 所 : 東京都千代田区紀尾井町
用 途 : ホテル
規 模 : 地上17階、地下3階、72.1m
設 計 : 【建築】大成建設
【構造】大成建設
施 工 :
工 期 : 1963年4月〜1964年8月
備 考 : 写真

・有楽町センタービル (0235)
住 所 : 東京都千代田区有楽町2-5-1
用 途 : 映画館・ホール・百貨店・銀行・レストラン
規 模 : 敷地面積8,221.85m2 建築面積5,339.42m2 述床面積78,630.99m2
設 計 : 竹中工務店
施 工 : 竹中工務店
工 期 : 1982年7月〜1984年9月
備 考 : 写真 、新建築1984.12

・Y・M・D(山田照明新社屋) (0386)
住 所 : 東京都千代田区外神田3-47-10
用 途 : 本社ビル
規 模 : 敷地面積461.533m2 建築面積295.254m2 述床面積2092.654m2
地下2階地上6階塔屋2階
設 計 : 【意匠】今村雅樹+TSCA
【構造】伊藤喜三郎建築研究所
【設備】伊藤喜三郎建築研究所
【造園】TSC−A
【インテリア】TSC−A
【照明計画】山田照明SD室
【館名サイン】イガラシステューディオ
施 工 : 大林組
工 期 : 1989年5月〜1991年2月
備 考 : 建築文化1991.06


目次へ戻る